•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


【マックスファクス】Lefort-ⅠとSSROやったケド…

今回のテーマは「マックスファクス Lefort-Ⅰ SSRO」についてです。
小顔整形の術式って略すのが多いんですよね~、私おぼえるの苦手なんですよ。英語も漢字もナニモカモ・・。
ここ数年、SNSの発展で認知度があがってきた”Lefort-Ⅰ”ですが、ガミースマイル(笑うと歯茎が目立つ)や馬面(鼻の下の長さがある)を治すときにこの中顔面短縮術を用います。2ch(5ch)でも失敗・成功・後遺症・効果・名医・・などについてワチャワチャやってますよね。調べている人であればLefort-ⅠやSSROについてよく取り上げられるマックスファクス銀座クリニックのサイトに行き着いているのでは?この術式は上あごの骨を1つの塊で切り取ります。イメージとしては総入れ歯状態の塊です。その塊を前後、左右、上下、回転などさせて好きな位置に移動することが可能です。移動によって口元の見た目に変化をだします。ちなみにLefortにはⅠ型とⅡ型とⅢ型とありますが、美容外科で使われるのは主にⅠ型です。それぞれ切り離す位置が異なります。文章力皆無の私が頑張って表現しますよ~。Ⅰは上の歯茎と鼻の間を真一文字にスパッと分断。Ⅱは切開の開始点と終了点は上の歯茎だけれど、真一文字はなく鼻の横にそって眉間までを頂点として反対側に降りていく道を辿ります。山型に切断って感じですね。Ⅲは眼の位置で真一文字にスパッと。・・頑張りました、意味不明と思われた方はググってください。
SSRO、これはSagital Split Ramus Osteotomyといって下顎枝矢状分割術のことです。って言われても下アゴのことなんだろうなぁくらいの感想でしょう。SSROの説明もがんばりますよ!ついてきて下さいよ!まず下顎骨は頭蓋の顔面骨の1つであり、その中では最も大きくて丈夫な骨です。対になるのは上顎骨。下顎骨は下顎体と下顎枝から成っており、”体”のほうが蹄鉄のように曲がっており(歯が乗ってる)、”枝”のほうは四辺形で2つの突起(顎関節)があるほうです。そして矢状(しじょう)とは、「体の真ん中(正中)にそって平行に体を左右に分ける」という意味です。ちなみに「前後に平行に分ける」ものは冠状といいます。このことから、下顎枝を正中にそって平行に切る術式となるのですが、上顎と違いこちらは動かす範囲が限らています。
Lefort-ⅠをやるならSSROもやることはほぼ決まっています。上を自由自在に動かしたら下も引っ込めるなり何かしら動かさないと咬合に問題も出てきますからね。(今回は前説が長い記事だわ・・)

こんにちは。当サイトの管理人です。
整形を重ねてきた私のもとには、毎日20通以上の相談メールが届きます。今回の記事のメインテーマである「マックスファクス Lefort-Ⅰ SSRO」についての相談メールも数多く寄せられます。
この記事を読まれているということは、少なからず「マックスファクス Lefort-Ⅰ SSRO」について興味があるということでしょう。少しでも参考になれば幸いです。

  •   
  •   
  •   

以下は「マックスファクス Lefort-Ⅰ SSRO」について読者にお寄せいただいたメッセージを掲載しております。ご本人の許可はいただいておりますが、管理人は内容に関する真偽の責任は負いかねます。

輪郭の相談にマックスファクス銀座クリニックとリラ・クラニオフェイシャルクリニックに行きました。渡邊裕之先生と菅原康志先生が診てくれました。双方ともLefort-Ⅰ型骨切り術と下顎枝矢状分割術(SSRO)を勧めてきましたが、手術の内容が大がかりで怖いです。2ch(5ch)を見れば見るほど顔面崩壊や麻痺の恐怖を拭えませんし、意を決してやったとしても何百万もの料金で後戻りとか目に見えた効果がなかったことを考えると、果たしてどの先生にお願いすればいいのかわかりません。マックスファクス銀座クリニックの症例写真、術後の仕上がりは綺麗だと思ったのですが「画像を加工している」と指摘があったり、リッツ美容外科に在籍していた時代にトラブルがあったという書き込みもありましたがなにか知ってますか?リラ・クラニオフェイシャルクリニックは良い評判だと思っていたら「自演」という指摘がありました。2ch(5ch)や口コミに踊らされるのはいけないと思いつつも、一般の人間にはこういったところで情報を集めるしかありません。費用はかかってもいいので安全で失敗しない、輪郭における名医を教えてください
*38歳 自営業*

希望している手術はルフォーⅠ型骨切り術です。日本のマックスファクス銀座とか小木曽を検討したこともありましたが、症例の数が多い韓国の美容外科で受けようと思っています。
View美容整形外科・・ここの両顎手術(Lefort-Ⅰ)は咬合面回転術という術式で見た目が長い顔をなおすのと、審美歯科の面の歯列も整ってみえるようにデザインするとのことです。ダウンタイムのさいしょ2週間は食事が食べづらくて大変たいですけど、症例でのってる画像の女性はかなり口元も引っ込めることができてて効果がすごいんだなって思います。それと13年間無事故・口コミ評価も高いということも安心できます。
ID美容外科・・日本の美容外科でLefort-ⅠとSSROやった人のブログとか見たことありますが、みなさん術後の顎間固定が苦しいと仰っていました。それがノータイ両顎手術という新しい方法を開発されたみたいで、これなら固定が不要で術後は呼吸も楽ですし食事や会話もスムーズにできみたいです。ダウンタイムも従来の方法より短期間になったようです。
まだ病院にはアクションをとってませんが、予定としては今週中に連絡して来週にはカウンセリングに行ければと計画してます
*22歳 接客業*

  •   
  •   
  •   

しゃくれてて面長のため、Lefort-Ⅰ型骨切り術(中顔面短縮)とSSRO(下顎枝矢状分割術)をリッツ美容外科・広比利次院長かマックスファクス銀座クリニック・渡邊裕之医師で受けたいです。それぞれ欠点があったり限界があることは承知しています。私の希望ですが、とにかく小顔を望んでいるのでLefort-Ⅰ型骨切り術で上顎骨全体をなるべく後ろの位置にもっていき、可能であれば骨切除で小さくしてもらいたいです。下顎についてはしゃくれを無くしてほしいのと、噛み合わせが狂わないようにしてほしいです。SSROは後戻りがないことは嬉しいんですけど、麻痺が出やすいというのが少し心配です。それとLefort-Ⅰ型骨切り術は下げすぎると口元がお婆ちゃんみたいになるらしいのでそこは先生方に十分に注意していただきたいです。年齢的に皮膚が弛むかギリギリのところだと思います。年内にはクリニックを決めたいです
*30歳 会社員*

Lefort-ⅠとSSROをやりたいと思ってから1年がたちますが、いまだに受けられていません。これまでにリッツ・小木曽・マックスファクス銀座・湘南・しらゆりにカウンセリングへ行きましたが、どこが良いのかわからず。なるべく日本で受けたいと思ってますが、ブログとか口コミとかtwitterみると韓国でやる人が多くて、やっぱりそっちのほうがいいのかなと思い始めてます。デザインとしては童顔にしてもらいたいのと、歯並びも悪いから歯列矯正もやりたいんですけど、それはLefort-ⅠとSSROが終わったあとにまた相談したほうがいいですか?矯正をやるところ、やらないところ、術前から装着するパターンや終わってから1年くらいやるところと、医院によって方式が違うんですけどどこも自分のやり方が最善って言うのでそれも決められない原因の1つです
*27歳 フリーター*